インプラント 便利ではあるが

インプラント 便利ではあるが

インプラント 便利ではあるが

下の右の奥歯にインプラントを使用しています。
25年前に手術をした際は、2本欠損したところにブリッジをかけると、ブリッジをかけた両方の歯が
いずれ虫歯でだめになる…と医師に言われ、思い切ってインプラント手術をうけました。

 

見た目は悪くないし、これまでとくに問題もなく、じゅうぶん活躍してくれています。

 

ただし、今では使われていない方式という、金属のラベルに歯を植えこんだもののためか、食事の際、
フォークが当たったりするとなぜか磁石のように”歯とフォーク”が引きあう感じがするのは
何故でしょうか。医師に言っても笑って取り合ってくれませんでしたが…。

 

一方、反対の左の奥歯はブリッジをしているのですが、これも思っていたようなトラブルはなし。
むしろ、インプラントをしている歯よりも、こちらの歯でより多く食べものを噛んでおり、
インプラントの方では、無意識に強く噛まないように常に意識している自分があります。

 

インプラント 便利ではあるが

 

 

表参道 カウンセリングといえば
日本カウンセリング学会 公式ホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ