救世主のインプラント

救世主のインプラント

救世主のインプラント

30歳になったあたりから急に歯の一部がグラグラし始めました。痛みもあったので歯医者に行くと何本か抜歯しなければならないということでした。抜歯した部分には部分入れ歯を入れましたが、やはり自分の歯と違って安定しないですし入れ歯の部分では噛むことが出来ませんでした。食べることが好きな私にとって食事の際に気にすることが増えることはストレスになってしまい、あまり食べなくなったことから健康を崩しやすくなりました。

 

そこで県で評判の歯医者さんにいって相談しました。するとインプラントを勧められ良く話を聞いたうえ行うことにしました。
インプラントを入れることで私の悩みはすっかり消えてしまいました。あごの骨にしっかりと固定されているので噛むことができるのです。
歯の症状というのは口の中だけにはとどまりません。少しでも不安がある人は専門機関に相談することをお勧めします。

ホーム RSS購読 サイトマップ